#mbdbPR

普段使いから小旅行まで使いまわせそうな「ブロガーズトート」が素敵で無敵すぎる件

発売から約3年が経ち、女性ファッション誌「Sweet」とのコラボ商品として新色のブラックが発売された「ブロガーズトート」。
「ブラックとピンクの組み合わせとかめっちゃ好みーーーー」と横目で見ていたんですが、先日まつゆう*さん(matsuyou)に聞いたらサンプリング提供いただけることになりました。キャッホーイ。

ブロガーズトートってなんぞや?

ブロガーズトートは、いしたにさんプロデュースの「ひらくPCバッグ」でもおなじみのSUPER CONSUMERから2012年に発売された、メディアアイコン・まつゆう*さん監修によるトートバッグです。

開発の経緯は例によって例のごとく、サイト上にアップされているので、そっちを見てもらうと、よりどういうものかわかると思います。ので、知らない人は以下をどうぞ。

ブロガーズトートに新色が追加だとー!?

もともとバッグはいろいろなタイプのものを試してきた僕。
もちろんブロガーズトートが最初に発売された2012年12月当時から目を付けてはいました。
しかし、ちょうどその2ヶ月前に「ひらくPCバッグ」をモニターしていたこともあって見送っていたんですよね。

で、いつか買おう買おうと思っていたら、先般の新色発売ですよ。
しかも僕が昔から好きなブラックとピンクのカラーリングとか、もう俺得感がパねぇわけですよ。

ひらPも大変便利で使い勝手が良いのですが、MacBookを持ちつつふらっと近所のカフェ行ったりとか、ひらPだけではおさまらない量の荷物があるときに使えるバッグあるといいなぁと思っていて、「やっぱりブロガーズトートかしら?」とか考えているタイミングでの新色追加ですよ。いやはやコレは迷う。

ブロガーズトートの新色が届く

そんなわけで「どうしようかなぁ、どうしたらいいかなぁ」とか考えはじめて1ヶ月ちょっとしたところで、サンプリングしていただけることに。
カミサマ、まつゆう*さま、ありがとうございますw

ブロガーズトート

外側のセミマットなブラックに内側のピンクが映えてますねー。いい。好み。
今までいろんなバッグを見てきましたが、ここまで好みどストライクな色の組み合わせには出会ったことがないです。マジで。

特にこの内側のピンク。
これくらいのチラ見えな派手さって、なんとも江戸時代の奢侈禁止令下における裏地にかけた美学を髣髴とさせるんですよね。と言ってもそこに繋げて思いを馳せるのは僕くらいなもんでしょうけど、ともかく僕の中ではそういう感じがして、なんとも心が沸き立つといいますか。とにかくイイ。

収納力バツグンすぎる!

さてさて、ブロガーズトートの醍醐味とも言える収納力ですが、これがどう見ても尋常じゃない。

ブロガーズトート

こちらまっさらに何も入れていない状態のブロガーズトートの中。
手前の大きなポケットにはMacBookやノートPCがスッポリ。左側の縦に2つ並んだポケットにはスマートフォンとモバイルバッテリーがサラッと入り、奥の2つ横に並んだ大きなポケットには長財布や文庫本なんかがスポッと収まっちゃいます。

ブロガーズトート

右手のポケットはこんな加工が施されています。水に強くて保温性の高いやつ。これは結構ポイント高いですよ。ドリンクの保温はさることながら、温度差で生じる水滴なんかで、バッグの中が濡れる心配もないですからねー。

ブロガーズトート

奥側の大きなポケットのさらに奥はファスナーポケットがあるんですが、ここを開けると、さらに2つのファスナーポケットが。この内側は起毛素材になっていて、傷のつきやすい小物なんかを仕舞うのには持って来いな感じ。
広々なので、いろいろと入れられそうですな。

ブロガーズトート

ブロガーズトートに、実際にMacBook Pro(13インチ)を入れてみたんですが、サイズ的にはかなり余裕で、MacBook Proをケースに入れても余裕で収まること間違いなしですね。なんならもう1サイズ上の15インチモデルでも全然問題ありません。

サンプリングをいただいてから、ちょこちょこ打ち合わせに行く際や、ちょっくら外で作業したいなぁというときに使っているんですが、縫製も丈夫ですし、耐久性も高そうで結構な大荷物になっても酷使できそうだなぁという気がしています。

あいにく今のところそこまで大荷物を抱える必要のない外出ばかりなのですが、近日中に取材旅行へ出かける予定なので、その時には大いに本領発揮できちゃうんじゃないかなぁと思っている次第。


外見はとてもシンプルなのに、中身はびっくりするくらいの機能性。
荷物の収納力もすごいですが、いちいち取り出しやすさも追求されていて、なんとも素敵で無敵すぎます。

さきほども書いたように、わりと近々取材旅行してくるので、そのときの本領発揮具合をまた記事にしたいと思いますよ。
旅行記含めてお楽しみいただければ幸いです。

モバデビの最新情報をチェック