#mbdbPR

「PHILIPS 9000 Series」をようやく使いこなせるようになってきた件

2週間ほど前だったでしょうか。うちに新しいシェーバーがやってきました。PHILIPSの9000シリーズというやつです。

Philps Series 9000
「密着で深剃りの次元を変える」

運良くフィリップスアンバサダー限定のモニタープログラムに参加させていただくことになりました。ありがとうございます。
このモデル、長友選手のCMでもおなじみのやつですね。

個人的にシェーバーとの付き合いは結構短めなんですよね。

他社製ではありますが、2015年3月からのことなので、そろそろ3年ほどになるでしょうか。

それまでは剃り残しだのそういうのが気になったり、かつて安物の電気シェーバーを使って激しい肌荒れに見舞われたりしたこともあり、いわゆるカミソリ一筋のシェービングライフだったわけです。

で、2015年3月以降は低価格帯のシェーバーを使うようになり(カミソリは時々使うくらい)、最近になってそろそろ新しいシェーバーに切り替えたいという気持ちが沸々と湧いていまして。

どうせなら低価格帯ではなくもう少し良さげな中価格帯のものがいいなあ・・・なんて思っていたわけですが、今回のモニタープログラムでまさかの高価格帯製品が使えることになるとは。スペックが違いすぎて比較もへったくれもないですな。

開封しちゃおうそうしよう

ということで、いざ開封。パカっとパカっと開けて取り出してみると、なんか細かく箱に分けられておりました。いろいろ入ってるんですね。

Philps Series 9000

全部開封。結果入っていたのは、

  1. 9000シリーズ本体
  2. 本体用収納ケース
  3. スタンド
  4. 充電アダプタ
  5. 洗浄充電器
  6. クリーニングカートリッジ
  7. 洗顔ブラシ
  8. ヒゲスタイラー

といったアイテムの数々。というか、さすがフィリップスのシェーバーにおける最高峰クラス。シェーバーを洗浄できる充電器まで付いてくるとは。

シェーバーって結構お手入れ面倒なんですよね。剃り落としたヒゲのカスを取り除いて、水洗い可能な機種なら洗って、乾燥後にオイルを付けて・・・といった感じでいろいろやらにゃならんので。
それが手間なくできるようになるというのは、ありがたい限り。

用途に合わせてヘッドを交換

さて、フィリップス9000シリーズですが、先程のリストにあるようにシェービングだけではなく、他の用途にも使うことができます。

Philps Series 9000

こちらは通常のシェービングに。当たり前ですが。
フィリップスはいわゆる回転式の駆動方式が採用されています。

このシェーバーのアタッチメントは取り外すことができるんですね。

Philps Series 9000
アタッチメントを取り外した状態

特に取り外すのにスイッチとかそういうのはなくて、ぐっと引っ張り上げると外れるようになっています。取り付ける時はぐっと押し込む感じ。
ちゃんと取り付ければ、使っているときに外れるようなことはありません。

Philps Series 9000

まずは洗顔ブラシのアタッチメント。
普段お風呂で顔を洗う時は、何回かに一度優しい毛のブラシを使っていましたが、その役割がこいつで担えます。スイッチをオンにするとブラシがくるくる回転するので、優しくソフティに顔に当てるだけでOK。

Philps Series 9000

ヒゲスタイラーアタッチメント。無精髭やフルフェイス、ピラミッド、ドーナツなど、さまざまなヒゲスタイルに合わせて利用可能だそう。

僕自身、アゴヒゲアリなスタイルなのですが、こいつがあるのとないのじゃお手入れのしやすさが断然違ってきます。

実際に使ってみたけども回転式には慣れが必要

配達されてきた当日に、早速使ってみたわけですが、世間の評価通り、やっぱり回転式シェーバーには慣れが必要だなと痛感しました。

Philps Series 9000

これまで使ってきたシェーバーは往復式。それこそカミソリ使ってる頃からその方式に慣れ親しんできているので、フィリップス9000シリーズの回転式という駆動方式は初体験。そのため、うまく回転させながら顔に当てていくという作業がどうにもこうにも下手くそで。。

肌を引っ張りながらシェーバーを顔に当て、シェーバーを回しながら滑らせていくわけですが、ついつい往復式のクセが出てしまうのか、上手く剃れずに剃り残しが出てしまうという始末。

2週間ほど経って、なんとか慣れてきたこともあり、今はだいぶきれいに剃ることができるようになってきました。そこそこ深く剃ることもできてると思います。ええ。

それと駆動音がとても静かなのはいいですね。以前使っていた他社製は結構爆音で、旅行に行ったときなんかは同室の人がまだ寝ていたりすると、ちょっと使うのをためらう気持ちもあったりしました(それでも使うけど)が、フィリップス9000シリーズくらいの音の大きさなら、そんな心配する必要もなさそうですねえ。

そうそう。自動洗浄も試してみましたが、こちらもホントにラク。
洗浄充電器にセットして、洗浄スイッチをONにするだけ。あとは勝手にクリーニングされて、乾燥までやってくれるんですから、これをラクと言わずになんと言うのか。

一応クリーニングカートリッジは30回までが目安だそうなので、基本的には1日1回クリーニングするのがいいのかな? と。使わなくてもアルコール分が揮発していくらしいので、どちらにしても一度セットしたら、1ヶ月くらいで交換になると思っていたほうが良さそうです。

とりあえずですね、回転式は慣れてしまえばかなり快適。
ましてやフィリップス9000シリーズはお手入れも快適なのが、すげーいいです。今後もがっつり使い倒していきたいと思います。