転居届はオンラインが便利! 日本郵政の「e転居」で郵便物の転送をしよう

先月半ばから引越だのに追われまくっていましたが、ようやく通常運行できそうな感じです。さて、そんな再開一発目は引越に関連したお話。

引越したら、旧住所に届く郵便物を新住所に転送するため、手続きをしないといけませんよね。そんな手続きがWebでできちゃいます。その名も「e転居」。

引越自体かなり久々。
そのため転居届出すのに郵便局行かないと・・・とか思ってたんですけど、今はこんなサービスがあるんですもんねー。
正直な話、こんなんがあるのを知らんかったです。

E tenkyo

新住所への転送を申し込むのは、PC、スマホのいずれかがあれば可能です。

申し込みの手順は、PCサイトの場合ですが、まずはWeb上で届出者の情報を入力します。すると、住所情報を入力するためのURLが記載されたメールが届くので、そこから住所情報を入力するフォームへアクセスし、必要な情報を入力。
さらに確認のために、転居届受付確認センターに電話するなどしていけば手続完了となります。

時間にしてだいたい5分位でしょうかね。
Web上だけで完結するわけではないですが、わざわざ郵便局に行って手続きする手間を考えたら、圧倒的に短時間です。

手続きが完了すると、だいたい3〜5日くらいで新住所へ転送されるようになります。ただ、これはあくまで引越し後に行った場合。
新居の住所さえ判っていれば、実際の引越しよりも以前にWeb上で手続きをしておけば、転送開始の日付指定が可能なので、引越し当日分から転送されるようにすることも可能です。

近々引越しを予定されているという人は、ぜひ利用してみてはどうでしょうか。


さて、新居に引越しをして、やっと1週間と少し。
なのですが、まだ完全に片付いたというわけでもないんですよねぇ。
まぁ9割位は終わってるので、あとはのんびりと進めようかなと。

8年ぶりの引越しですが、最寄りの駅は変わらず(やや駅から遠くなったけど)同じ区内ということもあって、劇的に環境が変わったわけでもないんですが、以前よりも住環境としては良好ですし、徒歩1分圏内にコンビニ、3分圏内にスーパーをはじめとしてレストラン系も軒を連ねていて、かなり利便性は上ったなぁと感じています。

快適な仕事環境を作り上げて、のんべんだらりと頑張っていきますので、今後共よろしくお願いいたします。