「知リ100プロジェクト」が感動体験レポーターを大募集中らしい

ほっほう。これは面白そうなことを。応募してみようかな。

オロナインH軟膏がサポートする日本全国のご当地体験を情報発信するコンテンツ「知リ100プロジェクト」。
本日9/18からそのご当地体験をレポートする「感動体験レポーター」というのを募集していました。

知り100プロジェクト

「知リ100プロジェクト」とは?

プレスリリースによると、

「知リ100プロジェクト」は、日本全国にあるまだまだ知られていないご当地体験を紹介し、リアルに体験することによる学びや感動の情報発信するために立ち上がりました。当プロジェクトはオロナインH軟膏の協力のもと、各エリア別のFacebookページを用意し、全国各エリアの「知リ100大使」から寄せられるご当地「知リ100」体験情報を集約し配信していくコンテンツ

via. 「知ったつもりにならないでリアルに体験した方がいい日本の100」を紹介。「知リ100プロジェクト Supported by オロナインH軟膏」が本格始動 感動体験レポーターを大募集!!|プレスリリース 配信サービス【@Press:アットプレス】

とのこと。

地域活性にもつながるし、情報発信するレポーターはさまざまな体験を通して、広い視野を持てるようになるのではなかろうか? というプロジェクトのようです。

今やネットがあれば、限定的ではありますが、日常に関わる情報ならある程度すぐに入手できます。しかし、やはり実際に体験することに優るものはないわけで、そこに含まれる情報量には圧倒的に差がありますし、体験することで得られる経験というのは得難いものがありますよね。

ご当地ネタも募集

すでにいくつかの体験一例が出ています。
今のところ、「木こりをする」とか「山頂でチーズを焼く」とか、「滝に打たれる」とか「地底にもぐる」とか、なんかそんな感じのことが並んでいます。

とは言え、これで100はきついよなーと思ったら、レポーターとは別に、しっかりご当地ネタも募集しているそうです。

一応、募集にはガイドラインがあって、

  • 一見馴染みがありそうで、でも意外とやったことないこと
  • 学びや発見や感動がある貴重な体験であること
  • 大胆に体を使うこと
  • このサイトを見た人が体験できる機会があること
  • その土地の誇りであること
  • 公序良俗に反しないこと

以上をクリアしていなければならないようです。
正直、縛りとしてはかなり厳しいのではないかと思いますが、どうなんでしょうかね。そこそこネタは集まるんでしょうか。

感動体験レポーターにならないか?

今回募集されているミステリーハンターもとい「感動体験レポーター」は、日本全国を10地域に分け、それぞれの地域の大使として情報収集・発信を行うことになります。

当然、実際に現地に行って体験することになるので、ある程度時間が自由にできて、それなりに体力に自身がある人、でもってそれなりに情報発信をめんどくさく感じない人が適任なんじゃないでしょうかね。ちょっと暇なフリーランサーなんかどうよ?

一応応募条件としても、「平日に1〜2日割ける人」っていうのがあるので、普通に職についてる人には難しいですしね。おそらくプロジェクト実施側も学生中心で考えているんじゃないかと思われます。

応募は個人と3名までのグループならOKということなので、ひとりじゃやだなぁという人はパーティ組んで申し込んでみるのもいいんじゃないでしょうか。

個人的に興味あるし、申し込みはサイトからできるそうなので、よくサイト内を見て検討したいと思います。つか、誰かいっしょにやらんか?

モバデビの最新情報をチェック