「Movable Type 5.1 プロの現場の仕事術」を読了

発売は1ヶ月ほど前になる「Movable Type 5.1 プロの現場の仕事術」。5月下旬から出荷開始となったMovable Type 5.1に対応する解説書です。「Movable Type ドリームチーム」とも言える執筆陣による、おそらくMT5.1については最も充実した内容の一冊となっています。
先日この書籍を献本いただきまして、ようやく読了しました。

Movable Type 5.1 プロの現場の仕事術

以前、この記事で告知したように、元々は僕も執筆陣のひとりとして加わる予定だったのですが、同時期に共著「Facebookページ プロフェッショナルガイド」も進行しており、内容的にも後者のほうに力を入れるということで、本書の執筆については取りやめにしていただいたんですね。

そもそも、僕自身はMTをそこまで使うほうでもないので、執筆陣に加わること自体おこがましい話なんですが。

ただ、一応外部で微妙に関わってはいたので、著者陣に名前は入っていないものの、”協力”という名目で巻末に名前が入っていたりはします。

まぁ、そんな経緯は遠くに投げておくとして本書について。

内容的には「基本編」、「実装編」、「プラグイン編」、「サーバー環境構築編」の4部構成となっています。

「基本編」では、MTそのものがどのように使えるのか? といった点や、最新版である5.1の新機能、さらにはテンプレートのカスタマイズにおける基礎といった点について。

「実装編」は、MTで実践的なサイト構築に関わるところとして、HTML5でのテンプレート実装やソーシャルメディアとの連携などについて。

「プラグイン編」には、膨大なプラグインの基本から応用までをつぶさに紹介。
「サーバー環境構築編」では、MTを扱う上で押さえておきたいサーバー周りの知識などを得ることができるようになっています。

個人的には「実装編」と「サーバー環境構築編」が非常に目を引く内容でしたね。

「実装編」では特に「CSS3+jQueryを利用したiPhoneサイト」のセクション。
やはり僕の仕事上、このあたりはよく知っておきたい内容ですから。

また、「サーバー環境構築編」は、僕自身があんまりサーバー周りは強くないので、全般的に勉強になる内容だったなぁと。

今後、仕事でMT5.1を利用する機会もありますから、そういう意味でホントにバイブルとなる一冊だと思います。

MTをこれから使い始めるという人には、ちょっと敷居は高いかもしれないなぁという気がしないでもないですが、できればその敷居の高さを越えてでも手にとるべきです。もちろん今までMTを使ってきている人にとっても必読の内容であることは間違いないでしょう。

[amazon asin=”4839937311″ type=”banner”]