電源どころかバッテリーすらないBluetoothスピーカー「Pelty」が美しい

こんなBluetoothスピーカーは初めてですよ。
イタリア人デザイナーによってデザインされた「Pelty」。なんとも美しいフォルムです。

驚くことにこの「Pelty」、電源どころかバッテリーすらないBluetoothスピーカーだったりします。

Pelty

一般的なBluetoothスピーカーと違って、いわゆる電気製品的なにおいが一切ありません。それもそのはずで使われている素材は陶器とガラス。

Pelty

「Pelty」の内側に、火を灯したロウソクをセットすることで、熱電素子の一種であるペルティエ素子が熱せられ、これによって電力が発生するという作りになっています。
厳密に言えば、”電源”はこのペルティエ素子なので、電源がないというわけではないのですが、いわゆるコンセント的な電力供給するパーツがないわけです。

こうして見るとランタンを彷彿させますね。

スピーカーでありながら、デザイン性に優れた間接照明としての役割も果たしてくれそう。場所を問わずに使えるのもいい感じですな。

製品化はこれからということで、現在INDIEGOGOで資金募集中。気になる方はチェックしてみてください。