ぐるなびが公式のWordPressプラグイン「Gurunavi Restaurant Search」を提供開始

個人的には使わないんですが、レストラン検索サービス「ぐるなび」が、公式のWordPressプラグイン「Gurunavi Restaurant Search」のベータ版をリリースしていました。

プラグインをインストールすることで「ぐるなび」に掲載されているレストラン情報を投稿画面で検索し、記事に挿入できるようになるとのこと。

Gurunavi Restaurant Search

ベータ版ということで、プラグインバージョンが0.0となっています。
こんなバージョン番号の振り方はあんまり見ないですね。0.1とかならまだしも0.0って。まだ始まってないみたいな印象しか受けないんですが。

インストールすらしてないので、具体的にどのような感じに機能するかは確かめられていませんが、記事投稿画面に「ぐるなび」のレストラン検索アイコンが追加され、これをクリックすることで投稿画面を開いたままぐるなびのレストラン情報を検索し、記事に貼り付けたい店舗があれば、そのまま記事中に挿入することができるようになるみたいですね。

利用するには、開発者向けに公開されているぐるなびWebサービスへの登録が必須になるとのこと。

人によってはものすごく便利なプラグインなのかもしれませんが、正直ペタぐるみたいなものだと利用する気すら起きないんですよね僕の場合。
まだ自分でそのまま書いちゃったほうが気楽。

まぁそれ以前にMarsEditで記事書いてるから、どっちにしても使いようがないんですけどね。

グルメ・レストラン系の記事を書く際に、こういうプラグインが欲しかった! と言う人は少なからずいたのではないかと思うので、試しに利用してみるのもいいかもしれません。でも僕は使う気すらありませんけど。

やっぱり貼り付けられるコードはペタぐると同じものですね。
情報の中身としては使いたいと思えるものではあるんですが、プラグイン側で取得するコードの整形ができないなど、プラグインであるメリットは極端に少ない状態。

今後のアップデートでその辺りが可能になるかも・・・と思いたいところですが、多分そんなこともないまま、そのうちアプデすらされなくなるんじゃないかなーとも思います。