Contact Form 7にプラスアルファでスパム防止!「Really Simple CAPTCHA」

当ブログではフッターAboutなどにお問合せだったりご意見をいただけるようメールフォームを設置しています。

これはWordPressプラグインとしてはポピュラーな「Contact Form 7」を使って実装しているものですが、最近ちょっとした問題が。
というわけで、これを解消できるかな・・・? という淡い期待を込めて「Really Simple CAPTCHA」を導入してみました。

スパム対策プラグイン「Akismet」の弱点

ここのところ、毎日のようによくわからない海外からの一言英文メールが1日のうちに何十通と送られてきています。問題というのはこのことなわけですが、どうも解せない。

もともとスパム対策プラグイン「Akismet」を導入していて、「Contact Form7」にも適用しているのですが、どうもこれを素通りしてくる。

というのも、あからさまなスパムはちゃんと排除してくれるんですが、メジャーどころのフリーメールだったり、入力を求めるURLも明らかにスパムとは無関係なURL(Yahoo.comとかGoogle.com)とかは排除対象にはならないっぽいんですよね。

まぁ実際どうなのか判らんので推測ですが。

海外からのメールも、単純に一言の英文が書いてあって、特に怪しいリンクを貼り付けていたり怪しいファイルが添付されていたりするわけでもないですし、Gmailのスパムフィルタで振り分けられているので、実質的被害はないので放置しておいてもいいかなと思ったんですけど、とは言えやっぱり気持ち悪い。

で、どうも分単位で連続して送られてきていたりするところから、ボットが送信してきているんじゃないかなぁということで、件の「Really Simple CAPTCHA」プラグインを導入することにしてみました。

「Really Simple CAPTCHA」

このプラグインは「Contact Form7」と連携するやつで、フォームにCAPTCHAを追加できます。

CAPTCHAは、最近だといろいろなところで見かけると思いますが、英数記号などをランダムに表示して入力させるもの。
サービスのアカウント取得時やログイン時などによく実装されています。

このプラグインをインストールして有効化すると、「Contact Form7」の編集画面でCAPTCHAが使えるようになります。

CAPTCHA

これを編集して保存すれば、「Contact Form7」のフォームにCAPTCHAが表示されますよ。

CAPTCHA

取り敢えず、サクッと導入してみた結果、メールのスパムフォルダをのぞいてみると見事に海外からの意味不明メールの嵐が止まっていました。予想的中かな。

実際にフォームからメールを送ってくれる人にとって、一手間かけてしまうことにはなるのですが、そうした困ったメールを防ぐための手立てとして、このプラグインを導入しておくといいかもしれません。

モバデビの最新情報をチェック