イタチごっこになりそうな予感・・・というか、こうした問題はイタチごっこになってしまうものなんですが、なんか今各所で話題になっているソースコピー型パクリシステム「redo.me.uk」とかいうやつに、当ブログもおもいっきりパクられていました。ぎゃふん。
ということで、パクられていた場合の対処をしましたよ。

悪い顔のマックス

この話を知ったのは以下の記事。

はてブを眺めていて目が止まり、記事を読んで「ほぇー、こんなんあんねやー」と。まぁ、うちは特にないだろーとか、軽い気持ちで"site:redo.me.uk mbdb.jp"とドメイン指定して検索してみたところ、

パクリサイトチェックしてみた

ガッツリパクられとるやんけ!

うち以外のところも引っかかったりしてますが、インデックスページ以外にも記事単位でパクられてるのが出てきました。

こんな零細ブログパクったところで意味ないのに。

とは言え、パクられたままにしておくのも寝覚めが悪いですからね。とりま対策をすることにしました。放置しておけばGoogleさまのインデックスやAdsenseにも影響出るようなので。

サクリと簡単にできるのは.htaccessファイルでアクセス制御する方法のようです。

こちらの記事を参考に・・・というかまるっと使わせていただきましたが、.htaccessファイルを以下のように変更しました。怨敵退散七難即滅

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

もともとこうだったものを、

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{REMOTE_ADDR} 91\.208\.99
RewriteRule ^(.*)$ - [R=404,L]
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

このように変更。2行目と3行目を追加したかたちですね。2行目ではIPアドレスを指定し、3行目で404エラーを返すということをやっているわけです。


追記 2015年7月12日
対策法を複数IP指定のものに差し替えました。参考は以下。


この方法はあくまでも.htaccessファイルを編集できることが前提になるので、ほとんどのレンタルブログサービスでは対処のしようがないと思います。
だいたいどこのレンタルブログサービスも.htaccessファイルは編集できないようにしているので、レンタルブログで同様の被害に遭っているという人は、ブログサービス提供元に問合せるようにしたほうがいいでしょう。

ちなみに、ネタフルも当然しっかりやられていたので、こちらも一応対処と思ってコグレさん(kogure)に連絡してみたところ、ネタフルが現在利用しているMoveble Type Cloudはnginxのため、.htaccessファイルは使えない上に、ユーザー側で触れないということで、僕ではなくホスティングされてるSAKKさんに対応を検討してもらっています。後々共有できる情報があれば追記したいと思います。


追記 2015年7月12日
ネタフルについてはSAKKさんのほうで暫定処置をしていただきました。とりあえずIPとリファラの制限をネタフルに入れたとのことです。同じようにMT Cloudを利用しているという人は、個別に問合せを入れるほうが良いかも。

Commentsコメントしてもらえると励みになります