Facebookが認証済みプロフィールと認証済みページをスタート

米国時間5/29にFacebookが認証済みプロフィールと認証済みページを発表しました。

ここ最近、一般ユーザーの間でもなりすまし友だち申請が横行し始めているFacebook。ようやくこの機能が導入されたかといった感じですね。

Verifired Pages and Profiles

「認証済み」を利用できるのは、現在のところフォロワー数が多い影響力の大きいユーザー・・・要は著名人、ジャーナリスト、政治家、有名ブランド、企業などのFacebookページに限られています。

個人アカウントにおいても、すぐに利用できるようになるよう(日本はしばらくあとになりそう)ですが、一般ユーザーでも認証が可能になるのかどうかは今のところ不明です。

「認証済み」になると、Twitterなどと同じように氏名あるいはFacebookページ名称の横に青いチェックマークが表示されるようになります。
このチェックマークはここだけでなくタイムラインや検索結果など、あらゆるところで表示がされるみたいですね。

なお、ヘルプセンターで認証に関しての解説がされているものの、どのような方法で確認を取るのかなど、こちらについても今のところ公開されておらずよくわからん感じです。
まぁ、おいおい公開されるんでしょう。

以前からそうでしたが、有名人などは特になりすましアカウントが多く、Facebookページもルールがわかってないのか敢えて無視しているのか、おそらく後者でしょうけど、コミュニティページとしてではなく、あくまでオフィシャルを装ったかのようなページが多数見受けられます。

実際、そうしたものを本人、あるいはオフィシャル運用のものだと勘違いして、多数の人が集まってしまっていますし、今回の認証済み機能が導入されることで、それらの排除スピードが高まってくれることを期待したいところです。

モバデビの最新情報をチェック