スマートウォッチ「Pebble Time」を勢いで購入してみたファーストインプレッション

衝動買い。というわけではないんですが、結構勢いに任せて、スマートウォッチ「Pebble Time」を購入してみました。
Amazonで注文して翌日には届くという速度感はいいなぁと思うわけですが、それはさておき、とりあえず届いてから実際にセットアップ、1日使ってみてのファーストインプレッションをまとめたいと思います。

オジさんたちに背中を押される。の巻

そもそもですね、僕は腕時計のたぐいが苦手です。ええ、そりゃもうキッパリと言いますが苦手です。これについては、僕のMediumでも書きました。

上の記事でも書いたように、先日サンプリングいただいたMISFIT RAYは、”腕時計と共に着ける”ことが想定されており、FLASHやSHINE、SHINE 2のように、アバウトな時計機能は除く形の設計となっています。

ここで困っちゃったのがこの時計機能。5分刻みのアバウトな時刻しかわからんものの、意外に活用してたんですよね。RAYになってからその機能が使えなくなったことが、結構ストレスになってしまいました。

そんなこともあり、いわゆるスマホと連携して使えるスマートウォッチに興味が出始め、この何日かApple Watchを始めとしたスマートウォッチの情報をつらつら見ておりました。

いろいろ見ていくと、「Pebble Time良いよね」という話が多かったんですよね。で、ポチるかどうするか、みたいなことを呟いていましたら、

モダシンさん
モダシンさん

Go Go! 合わなかったら売ればいいだけさ!

アレックスさん
アレックスさん
YOU、ポチっちゃえよ

というオジさんたちの悪魔のささやきが。。
これもあって、ついついポチッとしてしまったわけですねー。

Pebble Time届く

で、そんなこんなで16時くらいにポチりまして、翌日朝8時30分には手元に届きました。並行輸入品でもプライムなら翌日。すごいねAmazon。でも朝早いよブラックキャット。

2016-05-18 12.26.48

Amazonのいつものダンボールを開けてみたら、こんな感じのパッケージで届きました。平べったいチープなダンボールパッケージじゃなくなってるのですね。

ということで、いざ開封してみると、中身はこんな感じ。

2016-05-18 12.29.10

Pebble Time本体に充電に必要な専用USBケーブル、Pebbleのステッカー、それにペラい説明書のみと、至ってシンプル。

2016-05-18 12.29.38

充電コネクタは本体背面にあります。専用ケーブルの接続コネクタは独自規格のようで、ちょっと充電やばいぞーという時には、この付属のケーブルを持ち歩いておくか、別途ケーブルのみ別買いしておく必要がありますね。

まぁ、満充電しておけば5〜7日は持つという話なので、さほどその心配はないかなーと思いますが、一応予備ケーブルは別買いしておこうかなぁと。

2016-05-18 12.30.39

とりあえず電源を入れてみると、まずはアプリをダウンロードせよ、とのことなので、iPhoneのApp StoreからPebbleアプリをインストールし、セットアップ作業を進めました。

P5181740

ペアリングしてペソペソとタップしていくと、勝手にファームウェアのアップデートも行われます。本体側でもインストールの進捗が円グラフで描画されてますね。

結構アニメーションがしっかり動くので液晶かと勘違いしそうになりますが、実際はカラー電子ペーパーというやつです。バックライトも内蔵されていますが、わざわざ点灯させなくても結構しっかり視認できます。

2016-05-18 14.31.52

セットアップの完了後腕に巻いてみたところ。
僕、かなり手首細いほうなんですが、まぁそこそこ締めておけばズレることもないです。ベルトの素材にも依ってくるのかもしれませんが、とりあえずデフォルトのベルトだとズレる心配はなさそうかなと。

なお、Pebble Timeは日本語には公式対応されていません。なので、非公式になりますが日本語化作業を行いました。やや豆腐(文字が表示できず□になってる)なところもあるので、公式に日本語化されればなーと思いますね。

1日着けてみての印象

ということで、セットアップ後装着したままいつもどおりの生活を送ってみましたが、まぁ、やっぱり初日ってこともあって、なんだか慣れないw

MISFITがとても軽量なので、装着してても気にならなかったんですけど、さすがにこれくらいの重量感(45.5g)だと、ちょっと気になっちゃうんですよ。装着し続けて体の一部と脳が認識するまでどれくらい掛かるかなぁ。。

スマホから飛んで来る通知は結構便利といえば便利ですね。
これまでMISFITの電話、SMS通知があったので、あんまり印象変わらんかと思ってましたけど、基本iPhoneで設定している通知がそのまま飛んでくるので、数が比較にならない。でも手元でサッと何についての通知なのかを把握することで、「あとでこのチェックして返信してああしてコレしてアレして」とか、そういう段取りの組み立てがし易いなぁと思いました。

さすがにLINEが連続して飛んで来るとずーっと手元が震えてますけどねw

アプリとかいろいろ試そう

Pebble Timeには、iPhoneアプリである「Pebble™」を通して、アプリをインストールすることができます。
なんかいろいろなのがあるのと、果たしてコレ便利なの? というのがありすぎて、正直どれを入れると良いのだろうという感じがしますが、一応iPhoneでも使っているチェックインアプリ「Swarm」だけインストールしました。

ちょっと試してみましたが、iPhone出さなくてもPebble Timeだけでチェックインできるのはお手軽で良いですね。Facebookへのシェアがされないので、このあたりどうしたらいいのか探り中ですが。

まだ届いたばかりですし、全然使いこなしてるレベルではないので、とりあえず当分はアプリをポコポコ入れてみたりして、いろいろお試ししたいと思います。

モバデビの最新情報をチェック