前回の記事に引き続き、東芝マテリアルさんによる「ルネキャット」体験イベントに参加してきたよーという話。今回は小難しい話ではなく、実験で身をもって効果を体験しようではないか! というパートです。

いやー、鼻がやばいことになるとこでしたよ。。

ということで、解説編は以下の記事。書いててようわからんくらい小難しかったw

我が身をもって体感する

解説だけでは参加者が「うーん・・・どゆこと?ww」という状態になることが目に見えていたんでしょう。予め実験パートも用意されていました。

体感したのは4つの実験です。

有機色素の分解実験

IMGP4737

最初に体感したのは「有機色素の分解実験」というもの。
いやーなんだかよくわかんない化学式が書いてありますねー。
理系でない僕には責め苦ですwww

まぁ、簡単にどういうことをやるのか説明すると、ルネキャットに赤色102号という染料を混ぜたものを光に当てるという実験です。

IMGP4739

染料を混ぜたものを、強いLED光が発せられる箱の中にセットします。
蓋を閉めて3分後に取り出すと、

IMGP4740

ちょっとわかりにくい遷移で申し訳ないんですが、向かって左側が箱に入れたもの。右が箱には入れずに置いておいたものです。明らかに色が違います。

あくまで実験で短時間で効果が判るよう強い光を当てていますが、日常の照度でも効果が出るまでに時間は掛かりますが、同じように色素分解されるそうです。

これってどういう意味があるの? という諸兄に説明しますと、いわゆるタバコのヤニによる着色なんかに効果があるとのこと。
ある病院内の喫煙室で、しっかりと施工された条件にはなりますが、施工から1年半ほど経ってもヤニの着色がほぼ認められないという実例もあるそうです。

アセトアルデヒドガス分解実験

IMGP4742

アセトアルデヒドというと、大変有毒なガスなわけですけども、これを「ルネキャット」が分解しちゃうんだぜ! っていう実験です。

IMGP4743

この袋にアセトアルデヒドガスが入ってます。

IMGP4741

このような機械(超お高いらしい・・・)を使いまして、アセトアルデヒドガスを循環させていき、さらにそのガスに含まれるニオイ物質を継続観測していきます。

IMGP4750

アセトアルデヒドが循環していく途中で、「ルネキャット」を塗った部分が挟んであり、ここに光を当てることで、アセトアルデヒドが分解され、ニオイ物質が減少していくさまを見せていただきました。

写真よりは動画のほうがわかりやすいと思います。

光を当て始めた直後にカクンとグラフが折れるのが確認できますよね。これがニオイ物質が分解された状態です。

アセトアルデヒドガスは常に循環している状態なのですが、光を当てただけでここまで顕著に効果が出るとは・・・。うーん驚きですな。

なお、光を遮ると循環したアセトアルデヒドによって、またニオイ物質が高まったところも確認しました。

加齢臭(ノネナール)の消臭実験

IMGP4751

続いては加齢臭の消臭実験。
あの独特のニオイも消せちゃうんですって、奥さん。思わず旦那にふりかけたいかもしれませんが、それは正しい使用法ではないのでご注意を。。

IMGP4752

こちらが加齢臭の元とされるノネナールの0.1%溶液。

IMGP4754

この溶液を、この四角い布片に噴きつけるところから実験はスタート。

・・・うううう、臭い。。
とても臭い。興味津々でニオイ嗅いだら嗚咽するほど臭かったです。。

IMGP4756

そんな布片を、これまでの実験同様、短時間で効果を実証するために強い光を当ててみます。すると、

・・・うそーん、、ニオイ消えてる。。。

なんだこれなんだこれすげーな。すごい脱臭効果ですよ。
タンスにしまいっぱなしの洋服なんかにバーっとかけて、しばらく天日干しならぬ蛍光灯干ししたら、あの独特のニオイも消えちゃいますねこれは。

アンモニア消臭実験

IMGP4757

そして最後は、アンモニア消臭実験。これもかなり衝撃的でしたよ。

IMGP4758

はい、こちらのピンクの液体がアンモニアです。まぁ、ご存じの方も多いと思いますが、いわゆるあのトイレの臭さですね。ツーンとしてるやつ。
ピンクなのは着色してるから。

あれをものっすごい濃縮させたものだと思ってもらえればいいかと。

これをゴム手袋をした状態で、紙製のフキンに吹きつけます。いやもう加齢臭とかの比じゃねーから。臭いとかそういうレベルじゃないです。刺激臭。

で、これに対してルネキャットを吹き付けると。。
あら不思議。一瞬でニオイが消えちゃいました。光いらず。

というのもルネキャット自体が酸性のため、アンモニアは直接噴霧で中和されちゃうんだそうです。へぇーーーー。
しかもさっきの有機色素の分解同様、ピンク色も透明に変化しちゃいましたよ。

これは犬とかペットを飼ってる人には嬉しい効果ですねぇ。
当然ペットにだって無害ですから。

こいつはスゴいぞ「ルネキャット」

もう実験のおかげで、「ルネキャット」のスゴさが十二分に理解できました。
わざわざこんな準備までしていただいた東芝マテリアルのスタッフさんには頭が下がりますね、ホント。

しかし、こんな素晴らしい製品なんだから、もっと多くの人に認知されて、たくさんの店舗で購入できるんじゃないか? という気がしますが、おそらく殆どの人がどこの売場でも見たことがないはずです。

というのも、これまでBtoBのみだった東芝マテリアルさんにとって、この「ルネキャット」は初のBtoC製品なんですね。
そのため販路がなく、現時点で購入できるのは全国の東芝ストアーのみ。あとは、専用のECサイトからのみ購入できます。

せめて、Amazonから購入できるようになると、だいぶ変わってくるんでしょうけど、どのように進めたらわからんらしく、今後の販路拡大や展開については、正直頑張っていただきたいところですな。
せっかくのいい商品なのになかなか手に入らないというのももったいないですし。

自宅でも試してみたぞ

で、今回の体験イベントに参加したことで、180mlのスプレー缶と60mlのスプレー缶を頂きまして、実際に自宅でも試してみました。

僕自身結構な喫煙量なので、自分でも臭うなぁと思っていたんですよね。まぁこれまで消臭スプレーとか使ってましたけど、ホント一時的な効果しか得られませんでした。

が! この「ルネキャット」を部屋の壁紙にザーッと噴霧してみたところ、だいぶニオイが消えてきました。これは嬉しい。結構ざっくり吹きつけただけなので、もう少ししっかり吹きつけたら、さらなる効果が期待できるかも! という状況です。

効果も洗い流したりしなければ半永久的に保たれますし、部屋や車のニオイが気になるという方は、とりあえず上記の東芝ストアーかEco Actyから購入してみてはどうでしょうか?

Commentsコメントしてもらえると励みになります