【旅まとめ】秋の秋川渓谷一泊二日 徒歩でぐるぐる旅するのもいいものでした #tokyo島旅山旅

いやー、やっと書きたいことを全部書けたtokyo島旅山旅・秋のあきる野編
結局なんだかんだで合計20本(この記事除く)というボリュームになってしまいました。本来ならリアルタイムにライトな記事を・・・とか思ってたんですけど、なかなかそうはうまくいきませんでしたね。
ということで、今回はそれらの記事を総まとめしておきます。

あきる野市里めぐりマップ

神社・寺

あきる野に限ったことじゃないですが、旅行となるとついつい神社だのお寺だのに立ち寄ってしまうのは、僕の性質によるところです。
まぁ、必ずしも皆さんが絶対行くべきだとは思いませんが、なにせ秋のあきる野。紅葉見事な景色が楽しめるので、この時期の訪問はおすすめですよ。





「橋」とかどういうことだよ? って思う人もいるかもしれませんが、秋川渓谷で紅葉を眺めようと思ったときに、なかなかにいいポイントとなるのが、いろいろなところに掛かっている橋なんですよねー。

普通の道路であることに変わりはないので、長居するような場所ではありませんけど、徒歩だといろいろな橋の上から景色を楽しむことができました。




グルメ

旅をしたなら、やっぱり地産のものを美味しく頂きたいですよね。
美味いメシと旅は切っても切り離せないものです。

今回の旅では秋川渓谷ならではの川魚やらをいただきましたが、個人的にしくったなぁと思うのが、地元の秋川牛を食べ忘れたということです。。





お宿

今回宿泊したのは、秋川渓谷という国立公園内の温泉施設「秋川渓谷 瀬音の湯」。
国立公園内とか何がどうしたらそうなった? とか思ってましたが、調べてみると市の第3セクターによる運営なのですね。

まだオープンして8年目ということで、施設全体がきれいですし、コテージに宿泊とかちょっと贅沢気分を味わえるので、なかなかいいと思います。









ということで、項目ごとに抜き出して、簡単ですがまとめてみました。
宿泊先だった瀬音の湯では、結構書くことがいろいろ見つかって、本当はもっとご紹介できるところもあったんですけどねー。全部を紹介してしまうのもアレなので、可能であればぜひ行っていただきたいものです。

紅葉時期ということで、個人的にも旅の前から紅く染まった景色を楽しみにしてはいたものの、ちょっと日数的に早かったこともあって、秋川渓谷の本気の紅葉には触れることができなかったのは、ちと残念でしたねー。できれば来年くらいにまた時間を作って、ちょうど良いタイミングで旅してみたいものです。

今回は東京都の観光PR事業である「tokyo reporter 島旅&山旅」からのお招きをいただいての旅でした。
他にも旅された方の記事がたくさんあるので、よろしければアクセスしてみてください。

モバデビの最新情報をチェック