初詣前に知っておきたい正しい参拝の作法

日本人なら年明けはやっぱり初詣ですよね。

そこで、初詣に行くためにも知っておきたいのが正しい参拝の作法です。
神様へ新年のご挨拶をしに行くわけですから、やっぱり礼を失することがないようにしたいものです。

Photo:貴船神社 By:cyesuta
Photo:貴船神社 By cyesuta

参拝は参道からすでに始まっている

Photo:参道 By:iyoupapaPhoto:参道 By iyoupapa

参拝というのは、賽銭を入れてお参りすることだけではなく、参道を歩くところから始まっています。

参道というのは神様の通り道にあたります。なので、参道を歩く時に真ん中を歩いてはいけないという決まり事があるんですね。必ず参道は真ん中を避けて端を歩かなければなりません。また、鳥居をくぐる時には必ず一礼します。

因みに寺社の場合は作法が異なるので、気をつけましょう。

お手水で心身を清める

Photo:Chozuya By:ai3310XPhoto:Chozuya By ai3310X

参拝でこれを忘れてしまっている人が大勢いますが、本来参拝は神様の前に立って誓願するため、お手水(ちょうず)で心身を清めなければいけません。

神社には必ず手水舎があるので、そこで以下の順でお清めします。

  1. 右手でひしゃくを持ち左手を洗う。
  2. 左手にひしゃくを持ち替えて右手を洗う。
  3. 右手にひしゃくを持ち替え、左の手のひらで水を受けそれを口に含んですすぐ。
  4. ひしゃくを縦に持ち、柄の部分に水を流す。
  5. ひしゃくを元の位置に伏せて戻す。

この一連の動作はひしゃく一杯分の水で行わなければなりません。

また、手水舎の水を口に含んだ時、水の味がひどくまずければ帰ったほうがいいです。これは神社との相性が悪い証拠なんだそうですよ。

いよいよ神前へ

Photo:賽銭箱 offertory box By:puffyjetPhoto:賽銭箱 offertory box By puffyjet

お手水で心身を清め終えれば、いよいよ神前です。このとき行うのが「二礼二拍手一拝」というもの。具体的には以下の順で行います。

  1. 会釈しお賽銭を投じ、鈴を鳴らす。
  2. 真摯な気持ちで腰を90度曲げて二度礼をする。(二礼)
  3. 胸前で柏手(かしわで)を二度行う。このとき左が上になるようにする。(二拍手)
  4. 二度目の柏手からそのまま手を合わせ誓願。
  5. 腰を45度に曲げて一度礼をする。(一拝)

よく(2)と(1)が入れ替わっている人を見ますが、正しくはこの順です。

また、(4)については、本来は口に出して行うのが正式。勿論小声でいいんですけど。

なお、寺社の場合は(1)の後に合掌して誓願し、深く一礼するのが正式な流れです。

なんで「二礼二拍手一拝」なの? という声も聞きますが、これは「型」として昔からあるからとしか答えようがないんですよねぇ。

柏手と合掌を取り違えないよう注意!

神社でも合掌を行う作法は存在しますが、これは神降ろしを行う場合のみで、一般的には参拝の際に神前で合掌を行うのは厳禁。必ず神前では柏手を打つようにしましょう。
また、寺社の場合は逆に柏手が厳禁ですので、その辺を間違えないように。

「●●を叶えて下さい」というのは間違い

参拝で誓願するのは当然の行為ですが、少々はき違えてるところが。

良くある例としては、

「家族が健康でありますように」
「商売が繁盛しますように」

といったものだと思いますが、いわゆる神頼み的なことはしてはいけないというのが本来。

誓願とは読んで字のごとく”誓い願う”という行為ですから、自分自身で決めたことを神前で誓い、それを達成することを見守っていただくことをお願いするのが正しいわけです。なので、お願いを叶えてくださいなんてことを言っちゃいけません。

これ以外にも気をつけたいこと

初詣は1年で最初に行う大事な行い。

そのためにも上の参拝の仕方を実践するのがいいのでは? と思いますが、それ以前に初詣の際、酒を飲んで行ったり、ヨレヨレの服装で参拝したりするのも、神様相手に失礼なことですから、しらふで身だしなみを整えて行くよう心がけましょう。

また、前年に神社や寺社で手に入れたお札や破魔矢、お守りといったたぐいのものは、必ず初詣の際にお返しするようにして、新しいものをいただくようにしておきましょうね。

そうそう、肝心なことを忘れていましたが、初詣は初日の出(元旦)の後に行うものとされています。大晦日の深夜、1月1日0時を迎える前に並び始める人も大勢いますが、本来ならアウトです。お気をつけあれ。

モバデビの最新情報をチェック