古き良き8mmカメラを彷彿とさせるフルHDの本格ムービーカム「Bellami HD-1」

「Digital Harinezumi」などで知られるチノンから、こんなカメラが出ちゃったとは!

昔懐かしい8mmカメラを彷彿とさせるデザインと金属ボディ。それでいながら現代の本格的ムービーカムという「Bellami HD-1」がそれ。
これはやばい欲しい。でも高い。でも欲しい。

Bellami HD-1

どうですかこのフォルム! いやーこれはいいよーカッコイイヨー!

仕様としては、レンズ交換式フルハイビジョン動画・静止画撮影対応コンパクトカメラ。
センサーには210万画素1/3型MOSセンサーを採用しています。
Dマウントに標準対応していて、オプションマウントを使うことで、C、CS、M42といったシネレンズが余すことなく使えちゃうというシロモノです。

標準で付属してくる「CHINONレンズ(Dマウント)」は、この「Bellami HD-1」専用に新規で開発されたものとなっています。レンズ仕様は4mm、F1.2、オールガラスの6群7枚。
国内の高い品質と技術を誇る工場で製造しているとのことなので、そのクオリティは素晴らしい出来に違いありません。

当たり前ですが手ブレ補正機能も搭載していますし、ズームできないレンズのためにとても鮮明だという12倍の電子ズーム機能も搭載しちゃってますよ。

また、USBカメラとしても利用可能で、オールドレンズを使ったUstream配信やGoogleハングアウトでの配信がとても容易になっちゃいます。いやーいいねーこれはいいねー。

このカメラで撮影したサンプルムービーがいくつか公開されているんですけど、観るとますます欲しくなっちゃいます。

発売はの予定。
気になる価格は85000円(税別)となっています。

うぬぬお高い・・・。でもこれは欲しいなぁ。

[amazon asin=’B00IMWIGU4′ type=’banner’]